05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■劇的な2学期
今日、幼稚園で個人懇談会があった。
1学期の懇談会では、まったく自分を出せずすみっこでじーっとしていると言われ、元気に行っていると思い込んでいた私は少しショックで涙したのですが、今回の懇談も涙涙になってしまいました。

夏のプールで少し自分を出し始めたそうちだったんだけど、すぐに夏休みに突入してしまい、出し切れないまま終わってしまった1学期。
2学期はどう言われるだろうか?と思っていたら先生から出た言葉は
「劇的な2学期でした。こんな短時間で成長し変化した子供は、私の15年の教師生活の中でもとても印象的な子なんです!」と先生もびっくりしていた。
変化が始まったのは、運動会の閉会式からだそうで(なんて具体的な)閉会式の後1人ずつ名前を呼ばれて金メダルをもらって園庭を1周行進したのね。
その時はもちろん私も見ていたんだけど、自信に満ち溢れたそうちがそこにいました。
みんなの笑いを誘うくらい腕を振って腿を上げて立派な行進だったんだけど、それからそうちの変化が始まったのです。
undoukai.jpg
↑変化した瞬間映像

後日運動会の絵を描かせた時に、今まではモジモジしてキョロキョロするばっかりだったんだけど、見よう見まねで描き始めたので先生が「そうくん!そうだよ!上手に描けてるね」と声を掛けた瞬間、そうちの顔つきがガラっと笑顔に変わってスルスルっと絵を書き上げてから、創作活動にも意欲的になったらしい。
sakuhin1.jpg
↑意欲的になった瞬間の絵

あともう1つ、1学期ではありえない事もあったそうで、
全員で消防署に見学に行った時に先生が「質問がある人~?」と聞いたらそうちが元気に手をあげて当てられたらしいのよ。
質問の意味がわからなかったそうちは、消防署の人に「がんばってください!」と元気に言ったんだって。
先生も生徒も消防署の人も予想外の質問に大笑いしたらしいんだけど、1学期のそうちなら笑われた時点で「しょぼぼ~ん」になってるハズだけど、その時そうちも大笑いしてすごく可愛いかったって教えてもらって、私もそうちを抱きしめてやりたくなってしまった。

それからと言うもの、何でも意欲的だし先生に冗談まで言うし、毎日が笑顔笑顔で「伸びている最中だ!」というのが目に見えてわかって、担任の先生は「私たちにしてみれば、言葉は悪いけど『しめた!』と思っていました」と言われた。

私は聞くたびに涙がポロポロ出てきて、「本当に本当にこの幼稚園に入れてよかったんだ!」と感激してしまった。

帰りは雨の中巨大なカブトムシをお土産にもらってズブ濡れになって帰った。
sakuhin3.jpg
↑巨大カブトムシ
さぁ、どこに置けばよいのやら・・・
テーマ:幼稚園の行事 - ジャンル:育児
幼稚園トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
<<手放せないもの | ホーム | プチ模様替え>>














管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://3l.blog17.fc2.com/tb.php/187-bf1addcf
| ホーム |
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

そうす

いま、いくつ?



*script by KT*

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
広告
huri-er

ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログパーツ
カテゴリー
私の巡回ルート
アフェリエイト
訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。