08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■佐用町の大水害
いよいよ夏休みも中盤になった。

2年生の息子が「おじいちゃんの家にお泊りする」と言い出した。

いつもなら私もスズも一緒に1週間ほど泊まり込むのが恒例なのだが、

今年は、私も仕事をしている。


実家には、姉一家も住んでいるので子供もたくさんいる。

電話してみると、みんなで大歓迎してくれた。


予定では、8・9日の土日に泊まりがてら息子を残して

15日から始まるパン屋の連休で私も3連泊しながらの里帰りがてらお迎え。


何度も聞いた。

「そうちゃん、お母さんたちは家に帰るけど、さみしくならへん?」

「ならへん。大丈夫。だってもう2年やで。にいちゃんらーもおるし大丈夫や。」

よしよし。


8日の夕方、実家に到着。夏らしいドピーカンの1日だった。

おじいちゃんも張り切って、「明日の朝は早起きして、みんなでクワガタ取りに行くぞ!」と張り切っていた。

9日、朝起きると雨が降っていた。

クワガタ行けないね。残念だね。でも1週間泊まれるから、また行けるよ。

その雨は、昼ごろには土砂降りになってきた。


いつもどおり、晩ご飯をみんなで食べてそれから西宮に帰るつもりだった。


でも、雨の様子がなんとなくおかしい。

おばあちゃんが、「雨ふりよったら危ないから、おまえら早めに帰れ」と言い出した。

母も「その方がいい。私は今から地下部屋を片付けるわ。どうも川の水が流れ込んできそうや」

と言うので、夕方4時ごろ、私たちは佐用を出発した。息子を残して。


そう、私の実家は、先日の大水害を起こした佐用町の平福地区なんです。

4時に出発した時は、もうすごい雨で。

でも姫路くらいになるともう小雨。大丈夫だったねーなんて言いながら

加古川付近で大渋滞に巻き込まれ、明石のPAで夕食にした。


家に到着すると、9時を過ぎていた。

留守電を見ると、実家から何度も電話が入っている。

「まだ帰ってないんかー!大丈夫か!帰ったらすぐに電話しぃや!」


ん?そうちゃんに何かあったか?でも何かあったのなら携帯にかかってくるハズだし。

すぐに電話すると

「こっちはすごい雨やー!避難せーって放送もあったんや。大雨やー!そうちゃんもみんなとおるから大丈夫やからね」

そうちゃんにライフジャケット着させてるとか、なんか大袈裟な事を言うてるなーって笑ったりしてた。


テレビをつけると、播磨北西部大雨警報がずっと出てた。


次の日も普通どおり朝パン屋で働いて、9時に帰ってきてテレビを見て仰天した。

「なんじゃこりゃー!!」

NHKはずっと佐用町の報道をしてくれた。

そこには昨日まで見てた光景とはまったく違う佐用町が映しだされていた。

うわっ、これ役場?えっ藤綱病院?これ、三叉路や!

知っている所ばかりが出ているのに、どこもかしこも異様な光景だった。


慌てて実家に電話する。

「えらいことになってるやん!!家大丈夫か??」

「床下に水入ってきたから、畳は上げてる。クーラーの室外機は川に流されたわ」

そうか、床下で済んだか。よかった。

「テレビ映らへんねん。どうなってる?」

「えらいこっちゃで、佐用の商店街は1階が全滅や。人もようさん流されてるでーー!」

「そうか、そうなってもおかしないわ。」

知り合いおらへんかよう見といてと言われ、そうちゃんに電話かわってもらった。


「大丈夫やでー。みんなで2階でカードゲームしてるから。」

意外と落ち着いていてよかった。



そして、昨日、少し落ち着いたかな?と思って、実家の友達にメールを送りまくった。

みんな家族も無事で、大半は「家も大丈夫だった」って言ってるけど、1人、大被害の子がいた。

中学からの大親友。

家族は全員無事だけど、家がもうだめ。車も2台パーや。水で車が塀の上に上がってたって。


がんばりやー!元気出して頑張るんやで!くたびれ出さないようにせんとあかんで!!

命があって本当によかった。

とメールしたら、「ありがとう、みんなに励まされたり手伝ってもらったりしてだんだん元気が出てきた。ぼちぼち頑張るわ」

と返事がきた。

何もできない自分が歯がゆい。


でも、ほんとうにみんな命があってよかった。

次、15日の早朝の仕事が終わり次第、また佐用に行ってきます。
テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児
未分類トラックバック(0) | コメント(1) | top↑
<<新家電登場! | ホーム | 自由研究>>
■ 大変でしたね
はじめまして。実家の同級生かな??
こっちは佐用の街中に実家があって、目の高さまでの水位があったらしく、自宅の1階は全滅です、、。
当時は兄貴からの連絡でその日のうちに車で帰ったけど、佐用坂で明け方まで足止めくらったけど佐用坂に住んでる同級生を偶然にも見つけたから車を置かせてもらって歩いて実家に向かいました。
そこからしばらく会社は休みをもらって復旧作業をしましたわ、、。
自衛隊からのお弁当の支給やらでホンマに避難民生活でした。
平福の親戚のおじさんちで風呂だけ入らせてもらって、なんとか無事な2階で寝てました。
でも、1階はガラスなども割れて超無用心でしたけどね、、。

【2010/10/20 02:17】URL | はる #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL
http://3l.blog17.fc2.com/tb.php/311-efc7c466
| ホーム |
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

そうす

いま、いくつ?



*script by KT*

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
広告
huri-er

ブロとも申請フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリー
私の巡回ルート
アフェリエイト
訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。